FC2ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第1話

2011/01/03 14:57









「…ラ…ソ…ラ…

ソラっ

「うえおぁっ!?」

珍しくお母さんに起こされた。

「……なにぃ?」
「何って…あんた、今日学校じゃない」
「んーそうだねぇ」
「まさか…忘れてるんじゃないんでしょうね?」
「…ん~?」

「あんた、今日新しい学校で生活するんじゃない

……は?

「……え」

新しい学校で生活する…新しい学校?

「それに、ユウちゃんも一緒に転校して同じ学校じゃない、偶然って凄いわねー」

……転校?ユウも一緒?

「え、え、え、」

頭がごっちゃだ。

何がなんだかわからない。

「……あんた本当に大丈夫?」
「……お母さん、何でウチ転校したの?」

「え、そんなの決まってるじゃない、そんなの………あら、なんだったかしら」

「……忘れたの?」

「えっとね、ちょっとまって…えーっと………

って、そんなことよりあんた早く着替えなさい!!遅刻するわよ!?」

「はーい…」

意味がわからないまま、ウチは着替えて家をほっぽりだされた。

***

「あ、ソラ、おはよう」
「ユウー…」
「んー?」
「…どゆこと?」
「知らん」

そんなきっぱりと…

「まぁ、行けばわかるよ」
「ん…」

こんなことになったのは…昨日の…変な違和感か。

ぐにゃっと、視界が…というより、世界が変わったような…。

「…まさか、ね」

不安な胸に、ユウの後を小走りで追った。

***

「…ここだね」

【私立森羅学園】

……あれ、

「この学校の名前どっかで…」
「…ソラもそう思う?」
「うん…」

どこかで見たことが…

「………………ぁ」
「なになに?わかったの?」
「…マンキン」

「…へ?」

「マンキンの葉達が通ってた学校じゃ…」

………

「あ」

「あ?」

「……だね」

「…まさか」

「「トリップ!!!!???」」

嘘嘘嘘嘘嘘

本当に?

夢じゃないの?

なんで、嘘だ。

ありえない。

そんな事…

「まぁ、いっか」

「いいのかよ!?」

ユウの呑気な発言にすかさずツッコむウチ。

「え、ソラにとっても、ウチにとっても良いことじゃん」
「なんで…?」
「だってさ、

葉達に会えるんだよ?」

ユウの言葉は、妙に頭に響きわたった。

…そうだ、何をためらうことがあるんだ。

どうせ、【あっちの世界】なんて、嫌なことだらけだ。

いいんだ、これで。

「そうだね、葉君達に会えるんだよねっ、今ってどこらへんなんだろ?」
「まだ物語前か、既に原作ははじまっているか…」
「…んまぁ、楽しくやろっか!」
「そだな!」

「そうとなったら、葉くううぅうんん!!!!」
「ちょっwwおまっw」

ユウの言葉も聞かず全力疾走で学校の中に入っていくウチ。


「…はは、やっといつものソラに戻った…変にあっちの世界の事考えさせても…ブルー入るからなー…めんどいったらありゃしない」

イメージ (51)


ユウの言ったことが、ウチが知る筈がない。

end

あとがき

第1話目ー
実はもう第2話も書いてたり…ww
まぁ、ぐだぐだですね、はい、すいませんwww
スポンサーサイト



Comment Post

Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

Trackback URL:
 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。